車を高く売る方法

愛車を少しでも高く売りたいのなら...

消費税が上がりガソリン代も大幅にアップしてますね。

 

 

長年、愛用した愛車は、燃費が悪いから手放して、燃費の良い小型車やハイブリット車、または、軽自動車に乗り換えたいと思っている方は多いかと思います。

 

 

そこで、今、持っている愛車を売って、そのお金で次の車の資金にしたい...だから、少しでも高く売りたいと思うのは当然ですよね。

 

 

車を売る場合、大きく分けて4つあります。

  1. 下取りに出す
  2.  

  3. 街の中古車ショップに売る
  4.  

  5. 個人売買
  6.  

  7. 車買取専門店に出す
  8.  

 

この中で、一番、高く売れるのは、車買取専門店に出すことです。

 

理由は、車買取業者は、他社より”あなたの車を欲しがっている”からなんです。他社に取られるくらいなら、少しでも高い査定で車を買取たいからなんです。

 

 

その他の方法で売ると格段に安くなったり、トラブルに合ってしまう場合もあるのです。

 

  • 下取りで出すと安くなってしまう理由
  • 中古車ショップで売ると安くなってしまう理由
  • 個人売買で売るとトラブルにあってしまう理由

 

ある車買取専門店が車を買取ったときのデータがあります。

トヨタ プリウス 年式2009年 走行距離40000万キロ A社115万円 B社125万円 C社135万円
スバル インプレッサ 年式2002年 走行距離10万キロ A社57万円 B社40万円 C社50万円
日産 ノート 年式2005年 走行距離11万キロ A社0円 B社0円 C社15万円
日産 オッティ 年式2006年 走行距離30000万キロ A社25万円 B社30万円
ホンダ エリシオン 年式2005年 走行距離12万キロ A社20万円 B社30万円 C社20万円

 

思った以上に高く売れてウレシイ^^

 

車は、新車で買った途端から安くなってしまいます。

 

 

年式、走行距離、キズ、修復歴などで愛車の価値は下がっていきます。しかし、車買取専門店に出すと、”あなたの車が欲しい”と思っている買取業者は必ずいます。

 

 

実際、上記の実例を見てもわかるかと思いますが、日産のノート A社B社は、0円という査定をつけました。C社は15万円という査定をつけているのです。

 

 

下取りや中古車ショップにこのノートを売った場合、C社のように15万円という査定はつかないことでしょう。

 

 

個人売買の場合は、15万円以上で売れる場合もありますが、いろいろな手続きやお金の支払いでトラブルになる場合が多いので、極力、個人売買での売り買いは止めたほうが無難だと思います。

 

 

25万円も高く売れました!!

当サイト管理人(大林)の話ですが、スズキの初代MRワゴンを車買取専門店に売ったことがあります。

 

 

新車で購入し車に乗るのは週末の土日だけ。約1年半乗りました。

 

 

もっとも低く査定した会社が30万円。一番、高く査定した会社が55万円。
その差、25万円!!

 

 

もちろん、55万円でMRワゴンを売りました。

 

 

今で思うと結構、高めで売れたと思います。

 

 

いまいち、景気がよくならないご時世で25万円は大きいですよね^^

 

 

車を高く売るのは運やタイミングもあるかと思いますが、”高く買い取ってくれる店”を見つけることが大切ですね。私も含めてですが、素人には、この優良店を見つける、判断するのはかなり難しいですね。

 

 

そこで少しでも高く買い取ってくれる優良店を教えてくれるのが”車買取専門店”です。

 

 

実際に私が利用したのもカービューという大手・車買取専門店です。
※上記の車を買取ったときのデータは、カービューの実際の買い取り価格なんですよ。

 

 

カービューを利用すれば、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が必ず見つかります。なぜなら、今まで約300万人以上の方がカービューを利用されているからです。信頼と実績がなければ、300万人の方が利用しませんよね!!

 

 

もちろん、無料で利用できますよ!!

 

 

※車買取専門店が、なぜ、ディーラーや下取りより高く愛車を買い取ってくれるのか?
それには、ちゃんとした理由があるのです。

 

 

>>当サイト管理人(大林)の軽自動車が高く売れた詳細は、こちらです。

 

これから愛車を高く売りたい方には、参考になると思いますよ!!